Weber社のグリルとは

お肉や魚介類はジューシーに、野菜は甘みたっぷりに

Weberグリルの特徴である、大きな蓋(ドーム型のグリル)が熱と煙を外に逃さず、グリルに反射した熱が肉を周りから焼き締めるので、水分が肉の内部に閉じ込められ、ジューシーな出来上がりになります。(これは一度食べると、肉本来の味が楽しめて止められなくなります)また、野菜は素材自体の甘みを引き出し、美味しく焼き上げます。


世界で高いシェア率を誇るWeberのグリルで楽しむBBQ

蓋を閉じれば、250〜300度まで一気に温度が上昇します。ブレヒート(余熱)で中を温めて、具材を置き、焼き加減はコックの開閉(リューズを回す)で調節しながら、美味しいステーキを焼き上げてください。蓋を開けた瞬間の香ばしい香りもごちそうになります。本場アメリカでも人気のグリラーで、ぜひ本格BBQを体験ください。